義母のもてなし 「義母 我に返る」 イク寸前に翻った紅美子

紅美子の興奮が治まるのを待って、もう一度シャワーで汗を流し合った。

今度は敦が紅美子を洗ってあげた。

後ろのすぼまりもボディーソープを泡立て、その泡を塗り込んで、丁寧に洗った。

脱衣場で、義母は敦の全身をバスタオルで拭きながら、

「裕子のこと、あまり焦らないで、ゆっくり開拓してやって、ね」

娘もまた、自分のように、いずれアナルの快楽に目覚めると確信しているような、義母の口ぶりだった。

〈やっぱり、母と娘は性感も似るものなのかもしれない・・・〉

敦は改めてそんなことを思った。

一時は、裕子との結婚を後悔し始めていた敦だった。

長らく満たされなかった思いを紅美子の肛門で果たし、敦の気持ちは晴れていた。

「僕も少し性急だったように思います。もっと時間をかけ、裕子の気持ちを汲みながら、じっくりいくことにします」

紅美子が跪いて、敦の皺袋をタオルで包むようにして拭く。

「裕子にはわたしからも、それとなく話しておくわ。もう少し、冒険してもいいんじゃない、って」

そう告げたあと、まだ少し芯の入っているペニスの先端に、チュッと音を立てて口づけした。

「ふふふっ・・・、わたしって、ほんとうに悪い母親ね・・・。それとも、ただの娘に過保護なだけの親なのかしら・・・」

敦を見上げる義母の目が、裕子にはない濃厚な妖艶さに満ちている。

敦はまた愛おしさが込み上げ、欲情を覚えて、紅美子を抱き寄せると唇を奪い、強く舌を吸った。

義母からバスタオルを奪うと身体の隅々、片足を持ち上げてまで拭いてあげ、途中目にしたクリについ唇を寄せた。

義母は洗面台に片手を突きながら、素直に敦の肩に片脚を乗せ開いてくれている。

敦は舌と唇を使って包皮を剥きにかかった。

円を描きながらゆっくりと舌を這わせ、頃合いを見て尖りはじめた部分を軽く啜った。

欲情したヴァギナそれとわかるほど、大きく剥きださせた頃になると紅美子は敦の頭部を支え腰をわななかせた。

大きく開ききった陰唇は、しっとりと露を持ち、光り輝いていた。

その筋に沿って、敦は丁寧に舌を這わせ、シルを啜りあげ、朱に染め蠢く襞に向かって舌をめり込ませた。

「あっ、そんなことしたら・・・もう・・」

敦は紅美子のボーイフレンドの存在を一時忘れ、紅美子もまた、なにもかも捨ててされるがまま、しがみつき始めていた。

お互い、禁忌のタブーを犯してでも交わろうとさまざまな手段を使って、相手の気持ちを指し測ろうとしていたことは、最初からわかっていた。

「ああっ・・・敦さん、今日なら心配ないわ・・だから・・」

「わかってたんですか?最初から・・」

「セックスってね、キャッチボールだと思うの。投げてくれた球を投げ返すから、また投げてもらえる。いい球を投げ返すと、相手からもきっといい球が返ってくる。そうやって、楽しく続いて・・・ああ・・、逝く!」

全身を性器に替えて紅美子は敦のペニスをヴァギナに欲しがった。

【PR】 欲求不満の義理の母親が息子のチンポによがり・・・

敦は紅美子を支えつつ立ち上がると、そっと芯部にいきり勃ったモノをそえてやった。

紅美子の腕が敦の首に巻き付き、腰がうねりはじめると、ほとばしる熱気が亀頭の先端に伝わった。

敦はただ一方の手を腰に廻し、紅美子の片足の太腿あたりを支えるようにして棒立ちになっている。

それでいて、目にしたばかりの義母のクリとヴァギナの卑猥さに天を突くほどペニスは跳ね上がっていた。

欲情に荒れ狂った紅美子だけが敦の勃起を深く迎え入れようと腰をくねらせている。

「・・・こんなことしてたなんて、裕子には絶対言わないでおいてね」

愛おしさのあまり、つい、敦は紅美子の子宮を腰を使ってノックしていた。

使い込まれた肉球が亀頭冠を捉え嬲り始めている。

射精感でペニスがヒクヒクと律動を繰り返し、それが紅美子に伝わった。

「お義母さんと、またこうやって出会いたいから、絶対口にしません」

紅美子は恥じらいで、少しためらった素振りを見せてから、続けた。

「裕子が言うのよね。昔は、敦さんによくアソコを舐めてもらってた、って」

敦は虚を突かれた気がした。

確かに結婚してから敦は、裕子に対しほとんどクンニリングスをしてやっていない。

その性戯が、敦はさほど好きでなかったこともある。

けれど裕子には、きっと好みの「球」だったのだ。

「女が身体を開いて待ってるのは、必ずしもペニスの力強いインサートばかりではないわ。さっき、わたしのお尻やクリ、ヴァギナにしてくれたような、ああいう情熱的な舌使いが、女をどれほど幸せにするか・・・」

女にとって、そこを舐めてもらうのは、気持ちいだけのことではない、と義母は言った。

女の一番恥ずかしいところ、弱いところを開いてさらけ出し、なにもかもを捧げる姿勢を取るとき、クンニしてもらえるかどうかで、自分が本当に愛されているかどうかを確かめる----。

「それが女ごころというものなの」

強烈な一撃だった。

敦は、今まで己の快感のためだけに裕子とセックスしてきたことを、改めて思い知らされた。

「女の身体はうまくできているわ。繰り返しリードされて、愛撫を重ねられていると、知らず知らずのうちに目覚めさせられてしまう」

膣と肛門----ふたつの快感の源泉をバランスよく愛していけば、裕子もやがて紅美子のようになる。

それは、さほど遠くないことのように思えた。

「こういうことって、相手次第なのよね。つまり、男の甲斐性ってことよ」

気分を切り替えるようにそう言って、紅美子はまだ結合中の敦の、静まり始めた勃起をヴァギナから吐き出し、呆然とする敦の裸の尻をぴしゃりと叩いた。

火照り切った紅美子の身体から、甘酸っぱい体臭が立ち上がっている。

敦は、ちょっとぐずるような口調で言ってみた。

「でも、僕はお義母さんのお尻が忘れられないかも・・・」

「もう、甘えん坊なんだから、いいわよ。どうしてもしたくなったら、またいらっしゃい」

「ほんとう!! 来てもいいの?」

「うん、でもわたしは、お口とお尻だけよ。さっきみたいなこと・・・わかるでしょ?」

そういうと紅美子は敦の目をまっすぐに見た。

〈お義母さん、きっと彼氏とはヴァギナを使ったセックスしてるんだ・・・〉

敦がその場所を使って幸せにしてあげなければならないのは、幼妻の裕子なのだ。

そこまで考えて、いつのまにか、紅美子の恋人に対する嫉妬心が消えていることに、敦は気づいた。

「はい!! わかってます」


帰途、車を走らせながら敦は喝采を上げたい気分だった。

敦の策が見事に功を奏した喜びと、これからも義母とアナルセックスを続けても良いという約束事、まるで天にも昇る気持ちだった。

が、しばらく車を走らせるうちに、別の考えが頭をよぎった。

〈待てよ、ひょっとすると・・・〉

ここしばらく、あまりにも事が上手く運び過ぎている気がする。

そういえば、義母がフェラチオをしてくれるようになったタイミングも、裕子との関係がぎくしゃくし始めた時期と一致していた。

義母は、敦が離婚を考え始めたことに、早くから気づいていたのではないか。

それで、敦の気持ちが煮詰まり、離婚に向かって行動を起こす前に先手を打ったのかもしれない。

自らお尻を差し出して---

〈初めから、お義母さんの掌で踊らされていただけなのかもしれない・・・〉

それゆえか、あれほど欲情していながら、欲しくてたまらなかったペニスを、己の意思で引き抜いて、恋しているはずの男をまっすぐ見据えてきた。

これからも嫌われたくなければ、直視することなどできない。

しかし、悪い気はしなかった。

アナルセックスの、脱衣所で勃起したペニスを与えコトを始めたときの、その最中に見せた義母の反応を思い起こした。

紅美子は、敦のペニスに溺れ、腰使いで本気によがっていた。

終いにはなにもかも忘れヴァギナの中に勃起を迎え入れ、膣奥深く射出してもらおうと躍起になって肉襞で肉胴を亀頭冠を扱きあげていたではないか。

そのことにウソ偽りはないだろう。

セックスはキャッチボール。

紅美子から投げてもらった快楽のボールを、今度は敦が新妻の裕子に投げ返す番だ。

〈今夜は、たっぷりクンニリングスをしてあげよう・・・〉

街角を曲がると、やがて前方に自宅が見えてきた。

ベランダの物干しに色鮮やかな赤も混じって洗濯物が干してあった。

いるはずのない妻の裕子が、洗い上げ干したものに違いなかった。

夫が出かけた先を知っていてなお、帰りを待ちわびて洗濯物を干している。

その色鮮やかに洗い上げた下着が、この日はいつになく恋しく映った。


ページトップへ戻り読み返す



ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

20代後半のスレンダー系の超美人奥さんl
若奥さんに大人のオモチャ責め&生ハメ撮りで中出し

関連記事

テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

tag : 素人熟女/人妻生ハメ・生姦アナルヴァギナ

コメントの投稿

Secret

いつも拝見してます

いつも素晴らしい文書をありがとうございます。
楽しみに読んでます

Re: いつも拝見してます

> いつも素晴らしい文書をありがとうございます。
> 楽しみに読んでます

ありがとうございます。
ご期待に沿えるよう頑張ります。
プロフィール

maximeroxs

Author:maximeroxs
管理者の知佳です。
元ヤンですが介護士をしながら実話「高原ホテル」をメインにした短編小説を書いています。応援はブログ「知佳」で承っています(笑)

カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
Google+1
https://blog-imgs-105.2nt.com/m/a/x/maximeroxs/google51904d4c43421b58.html google-site-verification=6CdMXoBGCmueE1N2rvJDtSvTJJozpasG5PKFy50opys
bing
D7F1F72C3D90579A39654DA999DE8718
お気に入り追加
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

知佳の美貌録(総合)



【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」

知佳厳選 小説系リンク・ランキング
QRコード
QR
ブロとも一覧【画像なし】
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
2018/03/06設置


現在の閲覧者数:
ランクレット
Google アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
ランキング一覧
クリックにご協力ください。
人気ブログランキング
おすすめ小説
18禁悦楽問題小説集
淫声 愛と官能の美学 女性のための官能小説~女性向け、恋愛官能小説~ 赤星直也が描く官能小説 未知の星
堀江貴文の
ブログでは言えない話
ジャンル:政治・経済
堀江貴文のブログでは言えない話