恋も不倫も元はと言えばたかが性処理

恋も不倫も考えてみると知佳も10代とか20代前半は決まったボーイフレンドとかいても雰囲気が知佳好みとかちょっとキュンキュンしたりするとその場限りの男の人と気持ちとか関係なくエッチしてた。

ちょっとした会話の中とかで軽くにおわせる時もあったりして、一日に何人もって時もあったよ。
それはそれで楽しかったし、一瞬だけど懸命に求め合うじゃない?その一生懸命が気持ちよかった。
よく人数とか何本とか言われるけど、そんなのいちいち覚えてないし彼も聞いても来なかった。

だってさ、同棲中とかいう友達は外で頻繁に誓う人とエッチしてて、それで一生に暮す人 その理由で拘束しないでしょ?

不倫なんて言葉が出るようになったのはアラサーあたり?結婚とかいいだしたあたりからかな?
そのころになるとさすがに言い寄ってくる人減ってきて、仲間同士でも盗ったとか盗られたなんてよく揉めてた。
身に着けるものが高級になってきたのと反比例し、言い寄る男性は明らかに減って結婚を焦った。

10代ころと違って異性が身体の中に入ってきたときの後追いする感覚はアラサーになり始めたころから高まったから、若いときの男性遍歴って確かに不倫のような心が動くものじゃなくおしゃべりとか、せいぜい手をつなぐ程度?


続きを読む

テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

tag : 膣開発中逝きワレメ寝取り

キスから先のこと

わたしだって時には欲しいって思うオンナだよ先生

image330.jpg「みくー...欲しい物決めた?」

明日...クリスマスイヴがわたしの誕生日

「欲しい物なんてないよ、気持ちだけで十分だよ...」

欲しいというか...

出来れば...この先に進みたい...かも...。

そう思うけど...

「ねー、ニジー...わたし、明日、16になるんだよ。
ここで、ニジと一緒がいい...ニジとこうしてたい...」

そんな想いを乗せて、16になるんだって事を口にしたら...


「...うん...知ってる...」



抱きしめていた腕が緩み、先生の肩に顔を乗せて、くっ付いていたわたしを起き上がらせ
わたしを見つめて...

わたしの想いが分かったような顔...


「...俺...教師...なのに...顧問なのに...」


えっ?!後悔してる?...
予想外の言葉が...


「...今さら?教師なのに...とかって言うの?」


俯き、深い溜息を漏らす...先生..

「ダメな奴...だよなー...ごめんな、みく...」


大人になった今ならよく理解出来る、先生の気持ち。
葛藤してたんだって...

キスのハードルとエッチのハードルって、比べものにならない...


教師と生徒。大人と未せい年...。
そんな関係で、そうなるって事の責任とか、わたしのこの先とか...
先生は、色んな事を考えていたんだって思う。


...それが普通の感情だもの。


けど、その当時のわたしは、人生経験が浅く、何もかもが幼かったから
『ごめん』って言葉が、拒否に繋がって、
わたしとの温度差の違いに、淋しさと距離を感じて...
悲しくなり...イラつき、泣いてしまい...


...先生をとても困らせってしまった。


「...ニジは、キスとかするのに...するのに..まだ、そんな事...思ってるんだ...
彼女...じゃ..なく...わた..しは、せ...いと...なんだね...」


声にならない嗚咽を漏らしながら...先生を責めた。


感情が高ぶり...

「...せん..せ..い.....これ..からは...そう..す..る...」


意味不明な言葉をたくさん先生に浴びせた。


哀しくて仕方がなかったから...







ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

ふたりだけの時間

ふたりだけの時間

image333.jpg廊下に出てすぐ前がバスルーム。

服を脱いで...畳んで...

古いマンションだから、腰の高さくらいまでタイルで
その上すべては、コンクリートって言う、おばあちゃんちみたいな浴室。


なんか...落ち着く...。

スキかも。この感じっ...


...って思いながら、念入りに身体を洗う...って言うより、磨いたっ...笑


それにしても...この日焼け具合ってば...
鏡に映った自分の身体を見て、溜息が出る。


夏から持ち越してる日焼け...
Tシャツ通りの日焼け具合...胸とお腹だけ白いって...ハハハ―・・・


はぁー...哀しすぎる...


「みく?大丈夫か?」


長すぎるシャワーに心配して、ドアの外から先生の声が...。


「う..うん。大丈夫」

...大丈夫でもないけど、こればっかりは、どうする事も出来ない。


覚悟を決めて...
貸してもらった先生の服を着た...けど...

けど...。笑


先生の身長は188センチ...高い。当然だけど、スポーツマン。
・・・・・・笑ってしまうほど...大きい...大きすぎる。

トレーナーがちょい短め丈のワンピースって感じで、
ハーフパンツは、幅広スウェットに・・・


そんな、おもしろい姿で、先生が居る部屋へ戻った・・・・・・。


その姿を見た先生は


「かわいっ。かわいすぎるー」


強く抱きしめられる...


そして、深いキス...

先生...完全にスイッチが入ったみたい...?


「あっ、ねー、髪...濡れてるから...先、乾かしたいんだけど...」

そう言ったら、我に返ったのか...「うん」と言い、ドライヤーを取りに行った。


ラグの上で先生がわたしの後ろに座り、
わたしは先生の脚の間に体育座りをした。


「乾かしてやるから、じっとしてて...」


「...うん」


髪の中に手を入れ、かき上げるようにし...
パラパラ~と落としながら、風を当てて、乾かしてくれる。

はぁっ......

......心地いいー。


......あったかい......




ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

学生時代の性生活

先生と結ばれる

jk.jpg時間をかけて、触られ続けたそこは、もうーヌルヌルで...
先生の指をビショビショにしてしまってる...


「みく...挿れていい?大丈夫そう?」


「...うん...多分...」


先生は、チュッってキスをしてから、起き上がり...
わたしに背を向け...後ろ向きでゴソゴソ...


うん?なにしてるんだろ?って思って、わたしも起き上がり
先生の肩越しに覗き込んだ...

...らっ!

ゴムを着けてた...


「笑。見るなよー...まぬけな姿ー」


「...だってー、なにしてるんだろ?って思ったんだもんっ」


あははー....

なぜか...笑ってしまう。ムードがない二人・・・・・・。


笑いながら...あんなのが...わたしの中に入ってくるの?ってちょっと不安になった。
小さい時、祖父とも、父ともお風呂に入った事があるけど
その時見たのと...あきらかに様子が違う...

..なんて思っていたら


「みーくー...」

...って言いながら、膝立ちで先生の後ろに居たわたしを抱き上げて
ベッドへ沈められた...


たくさんのキスが降り注ぎ...

わたしの脚の間に割って入ってきて、脚を広げられ...


そこへ...先生のモノが触れる。
入口を先生のモノで、刺激され...また、声が漏れる...


「みく...ゆっくり挿れるよ...力抜いて...」


力を抜く?どうやって?え?

「..ぁ..っ...はぁー...んんーっ...」


わたしの中を押し広げるようにして、少しずつ先生のが...


「痛くない?」


「...う..ん...」


浅い所を何度か出入りして、柔らかくしてくれる...
それと同時に、甘くて深いキスも...。

そのキスの効力なのか...痛さを感じない。


「じゃー、全部挿れるよ。ゆっくりするから...」


「...うん...」


ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

酔うと出る女の本音

女の本音

image372.jpg直子は酔うとエロくなる

と彼。

否定したら、出逢った日のことを

ポツリポツリ話始めた彼。

私が覚えていた記憶と

彼の記憶が違いすぎて、驚愕。


所々、記憶が曖昧だったんだけど、

彼の記憶が確かならば、

現在一緒にいることに

大きな疑問を感じる。

「それが事実なら、ドン引きしなかったの?」「女として最低じゃん(・ω・ノ)ノヒョエ~」

彼の反応は

「どん引きはしないよ。調教しがいがあると思った」

「普段抑えているものが、解放されていたんだろうな。本能だよ」

と。

彼は、私を下品な女

と思っていても仕方がない。

そんな女、大切にしようと思うわけない。

長い時間を掛けて

少しずつ挽回出来ているといいのだけど…

衝撃的過ぎて、話を続ける彼の口を抑えた。

聞きたくないけど、知れてよかったかも。

彼の話が事実ならば、本当に私は変態だ…

でも、彼に本能的に心を奪われたのは事実。彼が欲しいと強く思ったのも。

素性のわからない相手にこんな感情を抱いたのは初めてだった。

そんなこと、彼に言っても信用してもらえないだろうけど。

ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

プロフィール

maximeroxs

Author:maximeroxs
管理者の知佳です。
元ヤンですが介護士をしながら実話「高原ホテル」をメインにした短編小説を書いています。応援はブログ「知佳」で承っています(笑)

カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
Google+1
https://blog-imgs-105.2nt.com/m/a/x/maximeroxs/google51904d4c43421b58.html google-site-verification=6CdMXoBGCmueE1N2rvJDtSvTJJozpasG5PKFy50opys
bing
D7F1F72C3D90579A39654DA999DE8718
お気に入り追加
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

知佳の美貌録(総合)



【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」

知佳厳選 小説系リンク・ランキング
QRコード
QR
ブロとも一覧【画像なし】
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
2018/03/06設置


現在の閲覧者数:
ランクレット
Google アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
ランキング一覧
クリックにご協力ください。
人気ブログランキング
おすすめ小説
18禁悦楽問題小説集
淫声 愛と官能の美学 女性のための官能小説~女性向け、恋愛官能小説~ 赤星直也が描く官能小説 未知の星
堀江貴文の
ブログでは言えない話
ジャンル:政治・経済
堀江貴文のブログでは言えない話