女子高校生遺棄 一方的に和美容疑者の嫉妬が・・・は本筋を違えてる

小森章平容疑者の親がこう証言しています。
 「どちらかと言うと人付き合いが苦手だった」と

小森章平容疑者は穏やかな性格と語られる反面、特別理由もなく会社から姿を消し自己都合の退職となっています。 彼が温厚であったとかまじめに働いたというのは恐らく一部違うと思います。 彼はどちらかと言えば能率的に言えば愚鈍で、しかも時として仕事をしないで「ぼんやりしている」ときがあった。 のではないかと思います。

穏やかな性格の裏に隠された愚鈍性。 典型的な引きこもり、発達性障害の症状がそこに現れています。 和美容疑者に言われるまま逆らうことなく鷲野花夏さんを殺害したというのも、総身に知恵が回りかね唯唯諾諾の状態になってしまったんだと思います。

こういった男を女性は優しいだの助けてあげねばだのと考えるようです。 花夏さんはもとより和美容疑者でさえ懸命になって庇い続けたんだと思います。

ろくに仕事もしないでブラブラしてるが、それを責めると黙って耐えようとする。 耐えてるんじゃなく、言われる言葉が理解できずまごまごしていただけで、もしも理解が追いついたりしたら、意味もなく暴力を奮ったでしょう。 それが発達性障碍者の特徴。 さらに言えば、理性は愚鈍ながら本能だけはよく働く。 つなり性欲だけは旺盛で、どんなに厳しい言葉で言い募られても男女の関係だけは人並み以上に要求したんだと思います。 それがますますふたりの女性をしてひとりの男の奪い合いになった。

妻の和美容疑者は本来、自分が食べていくのに必死で男を囲う余裕などなかったはず、質素倹約に努めなければ生活は成り立たなかったはずで、彼には日頃そのうっぷんをぶちまけていたはず。 ところが彼はなけなしの食事を自分だけ満足するまで食い漁って、しかる後 当たり前のように彼女を求めた。 彼女は怒りをエネルギーに変えて小森章平容疑者に尽くし、食事を与え続けたんだろうと思いますが、悲しいかな彼の思考が「相手の身を考える」そこに至らず優しいオンナとみれば集りサカッた。 その最たる被害者が殺された鷲野花夏さん。 私こそが彼の唯一の庇護者と自負する和美容疑者。 彼の思考の中に未成年者がどうこうなどという高等な思考は元々なかった、あったのは本能だけだった。 

ご両親は悲嘆にくれていますが、この親のどちらか一方の遺伝子に間違いなく発達性障害に至るDNAが混じっていたと思われ、自分可愛さにそれに気づかないフリして暮らされていたことが、結果として不幸を招いたことになります。

アスペルガー症候群(発達性障害の中でも知能が高い部類)ならいざ知らず、低い人と接触する場合は上記のような問題が往々にして起こりますので表面上の優しさに誤魔化されることなく何らかの警戒は必要です。



テーマ : 元ヤン知佳のイケイケ介護日記
ジャンル : アダルト

tag : 嫉妬

本来なら「高原ホテル」に書くべきですが

同棲を始めて凡そ丸1年、婚姻届けを出してからやっと半年が経過しようとしてるこの時期に、瑠美の悪い癖がまた始まってました。
ましたというのは知佳の妄想に過ぎないかもしれませんが・・・

結婚を決めたと言い出した時、あれほどえり好みが激しかった瑠美が選んだ相手といのが、プロレスラーのような巨躯でイケメンでもなんでもない、ただ単に40前にして未だ彼女無しの、つまり完全にフリーな独身男。 留美は以前に紹介した通り、超が付くほどミニマムながらモデルをやったこともある、男なら一度はお世話になりたいほどの美女。

何か特別な理由でもなければ結婚はないだろうと思っていたら、年齢からくる焦りもあったからだろうか、これまでどんな男でも半年も持ったことないのに2年半も付き合ったのち、彼女から切り出し突然結婚宣言。 再度書きますが同棲から結婚を経て丸1年、電話の声を聴く限りやっぱりプロレスラーの旦那に飽きた後はアッシーに使いたかっただけのよう。同棲中も暇さえあればSNSへの情報アップを繰り返してた留美、ファンは数万に膨れ上がっており、そこで知り合った男と隙を見ては「まさか」に備え出逢い、親交を深めてたよう。

それというのも、
母親のスマホが突然壊れ、連絡が取れなくなり慌てふためき、知り合いのスマホを借りてワンギリ入れたけど瑠美から、待てど暮らせど応答なく。
こちらもそうなら向こうでも何かトラブルでもと、本来なら無料修理の契約してたスマホだから、取り敢えず修理するところを機種交換で大急ぎ連絡を入れてみたら・・・

そう、
返ってきた応えは「そんなこと言ったって・・・ こっちだって用事あるし・・・」 第一声からしてご機嫌斜め。
カットに行ってて返信できなかったし~~、とのたまわったあとで、「昨夜連絡入れたつもりだった!」 けど・・・ひょっとしたら送ったつもりが・・・ の言葉の後に 母に向かってなんか「この際そんなことどうでもいいじゃん!」と。

ワンギリも連絡文も「どうでもいい!」と言い切られ、昨夜同様
普段作り置きの文を適当に流してたことを暗に口走られ、あきれるやら嘆くやらの母に「せっかくの休み、用事あるから!」とチョン。

この日、予定の時間が迫ってたから急ぎカットし、そちらに向かおうとしてたらベルが鳴ったということでちょ~不機嫌。
つまり、旦那の目が届かない時間帯(勤務の時間帯)にウキウキで羽伸ばそうとしてたのに、変な連絡入れないでほしいという激昂交じりの回答が返ってきて、あっと言う間に先方から電話を切られた。 とか。
禁欲が限界を超え自慰を始めてしまった留美

恋の花咲くときはウキウキ・キュンキュン、母親のことなんか、ましてや巨大とはいえ使い慣れてマンネリになってしまった旦那なんか、金輪際振り返る気もヤル気も起きなくなるらしい。
旦那は早朝から勤務かと思いきや、昨日帰りが遅かったから今日は遅番とのこと、お出かけの折旦那に「起きるのも、洗濯から食事の用意まで勝手にどうぞ」と言いおいて出てきたとのこと。
常にきれいでいてほしい旦那の要望で美容院に早めの予約を入れ来てたらしい。
だから邪魔しないでと、結婚半年の娘に言い切られた母の気持ちってどうなんでしょう。

「浮気相手と駆け落ちまでした上の子(留美の姉)と違って、この子だけは」浮気するような子じゃないとタカをくくってたのが間違いだったことに、今になって気が付い・・・ いや、気づいてたけど口にしたくなかったらしい。
母に向かって娘の、正直すぎる回答に閉口し、急いで機種交換して損した気になって落ち込みながら家路に。 そんな報告が入りました。

そう言えば、
結婚を前にあいさつに帰ってきた時は余程彼の持ち物に参ってたのか「出来たらそれはそれで仕方ないじゃん」と子作り制限なんかしてないようなことを言ってたけど あれから半年、未だおめでたの報告がないところを見ると、この母の言う通りとっくに便利くんとはナマを止め面倒くさいからレスということにし「自分のことは自分で」処理させておいて、でもご無沙汰だけは美人のプライドにかけてヤラねばと。

 いや、母からも「すでに虫額時代からファンクラブがあって・・・」次から次へと言い寄る男を切り捨て・・・と断りを入れ結婚に漕ぎ着けたこともあって、また「振り向いてくれない男はこちらから別れを切り出し」など母娘で意見の統一を見。 未だモテるところを暗に(半分は堂々と)魅せ付け旦那を振り返らせる必要も生じ・・・というかSNS女の共通点である見栄っ張りが災い、お誘いも頻繁に舞い込んできて 悪癖だったネトラレを封じ込めた期限が限界を超えはじめたこともあり、飢えも手伝って家庭も社会的地位も顧みることができなくなり別の男を味見を兼ね漁りまくってるみたいなんです。

tag : 姦通

不倫され妻の居直りを毛嫌いする風潮は何処から?

馬〇〇佳さん(26)へのパッシングが激しさを増しています。
不倫騒動を起こした夫が社会的にたたかれ、再起をかけて頑張っている。
それを「彼がどう変わるのか見届け・・・」と発言し、叩かれていますが、

姿なき声の主である世間一般の女性は不倫に誘い込んだ女性と、さして変わらない思考で日々過ごしていることは男性社会でよく話題に上っています。
誰がより優秀な男を口説き落とすことが出来るか、それが彼女らのトレンディーに繋がるからにほかなりません。
つまり馬〇〇佳さん(26)のような優等生的な発言を繰り返し、仲間を抜け出そうとする者に対し、日本の女性は容赦なくパッシングを浴びせます。

なんでも右にならえの日本ではそうしないと自分自身が仲間外れにされてしまうからです。

コロナのような環境になると、真っ先に風俗が幅を利かせ猫も杓子もウリを始める。
出遅れ感はあるものの、いまそれが秘かなブームになっています。
この出遅れも右にならえに従い、様子見してた結果にすぎません。

本心を言えば、イケメンとヒトトキ それが理想だからです。
彼女らが知りたかったのは旦那のテクニックであり、夫婦がレスに至った本当の理由であって賢い妻ではありません。
どうせ有名人と寝たいから彼に近づき妻の座を得たんでしょ? それなのに自分だけいい子ぶって・・・ それが言いたいんです。

有名人になり、バラエティー番組に引っ張りだこになって、いつ彼女は番組関係者によって口説き落とされるのか?
世間の女性たちの関心はそこに注がれています。

もしも口説き落とされ話が出始めたら、自分も一緒になって背徳な寝取られに胸を焦がすんだ!って待ち構えているんです。
だから優等生のまねごとをする彼女を「貴女だって元はと言えば・・」とパッシングするんですね。

公共場所のトイレに子供を産み落とし、感染数をも操作し、元総理でオリンピックの貢献者でさえも振り落としてしまう恐ろしさ。
経済停滞でさえ地下でエロにすり替え騒ぎ立てる事なかれ主義の衣を着た恐ろしいまでの日本の淑女たちの言動。
おもてなしだの清楚だのと言われてきた日本という国の、真のシナリオライターはどうやら彼女らのようです。

これからの社会は女尊男卑 触らぬ神(女将さん)に祟り無しです。

以下、元の記事全文を転載しています。

続きを読む

赤裸々な不倫告白文が愛読者さんから届きました

不倫告白文をお寄せいただいたのは匿名希望のうみさん(男性)です。
それによるとうみさんは既婚者であるにもかかわらずW不倫を10年近く続け、それが原因で奥さんと離婚されたとか。
しかもです、お相手の方は離婚が成就したと知ると去って行ってしまわれたようなんです。

うみさんはTwitter上でもそうですが、別ページにも時折動画・画像投稿を頂いています。それはもう大変な強壮家です。
そのうみさんと10年以上にわたり不倫関係にあった女性、当然うみさんの性欲に翻弄されたはず。

そのうみさん、人妻さんと互いの伴侶と別れ結婚しようという約束を彼女を抱きたいがため?取り付けられたようなんですが、自身は苦難の末に離婚されたにもかかわらず、肝心の人妻さんには離婚の事実を知った途端逃げてしまわれたとか。
それはないよなぁ~ って言いたくなる事件。

でも、なんとなくわかるような気がします。
恋敵の奥さんとうみさんをなんとか別れさせたいと思い続けていたこと。
うみさんの性欲に翻弄されていただけでご主人の収入と権力は捨てる気になれなかったこと。

更に、このような文を読ませていただいた限り、人妻さんも奥さんもうみさんの精力を魅力的だと感じて奪い合いを演じつつも、女性として牡の身勝手な孕ませ中出しには恐怖と軽蔑をもって接していたことが伺い知れます。

知佳がくどいほど言ってきたこと
女性は確かにナマで絡むことは大好きで、精力絶倫な方ならそれだけで夢中になります。
ですが、社会的制裁を負わなければならない孕みには殊の外警戒心を抱かざるを得ないんです。

特にうみさんのような精力絶倫の方の身勝手すぎるような絡みへの恐怖は計り知れないものがあります。

男性諸兄へ
ナマで入れさせていただけるだけで幸せと思うこと。
女性にモテたいなら中出しはせず、自慰とそれによる射出は必須です。
間違ってもぶっかけなどもってのほかです。

続きを読む

テーマ : 元ヤン知佳のイケイケ介護日記
ジャンル : アダルト

tag : 人妻不倫姦通不貞まぐわい寝取られ

母娘の間で交わされる性生活についての話題

知佳は親に毛嫌いされヤンキーやっちゃったから母娘の会話どころか家出同然に飛び出した口で下ネタなんか話せませんでした。
其処の部分だけは瑠美は恵まれてるんだなって思います。

その久美と瑠美の母娘の会話から
久美はもちろん、その母の好子も性に奔放だっただけに瑠美もその血をついで奔放なんじゃないかと気を使った久美から娘の瑠美にこんなアドバイスを贈っていたようです。
〇 欲しくなったら遠くに出かけ見つけて済ませて帰ること
〇 安売りしないこと これについては好子の受け売り

血筋から言っても元々オトコ好きな家系、安売りしないよう心がけセックスは避けて通るようにしてたらしいんですが、一度関係を持ってしまうとまるでダムの堰がキレた時のように一気に濁流が押し寄せ溺れ切ってしまったようで母に向かい盛んに「良かった」を繰り返したよう。

久美は「中に注がせないよう気を付けて!」と忠告しきりでしたが、本人曰く「そんなこと・・・なってしまったら途中で止められないでしょ!出来たら出来たでいいじゃない!夫婦なんだから。だから結婚したんじゃない」と応えてたよう。

キッチンで夫の指マンを受ける瑠美
躰が熟してどうにもこうにも男が欲しくて仕方なくなったから結婚に名を借りて当面オトコを楽しむんだ!みたいな┐(´.`)┌
旦那の方は180cmを優に超えるガタイ、一方の瑠美は150cmに満たないミニマムの躰ながら巨乳・剛毛グロマン。
制服姦に充ちた交尾を楽しんでることでしょうが、なにせ瑠美はメンヘラ故に邪魔なパンティー脱がせるだけでも大変そう。

何かにつけツンケンしてた瑠美がガタイは立派なのは認めるけど、イケメン好きな女性なら普通は選ばない程のブ男に手もなく溺れ切ったというのは余程飢えてた?

祖母の好子も母の久美も一様に一定期間過ぎ同じ男に飽きてくると派手に他人棒に手を出してたから、今は結婚出来て悦に入ってるそのブ男さん、貸し出したと知った時の衝撃と怒り狂うさまをみせていただくのが楽しみです。

コロナ過で自宅に引きこもると、意外や意外性を求め水面下で激しく求めあうようだから春の弥生の頃には瑠美も新妻として初の不倫姦通成就かな?

またそれなりの変化があったら報告しますね。

テーマ : 元ヤン知佳のイケイケ介護日記
ジャンル : アダルト

tag : 母娘人妻ワレメパンティー着衣性交不倫姦通

プロフィール

maximeroxs

Author:maximeroxs
管理者の知佳です。
元ヤンですが介護士をしながら実話「高原ホテル」をメインにした短編小説を書いています。応援はブログ「知佳」で承っています(笑)

カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
Google+1
https://blog-imgs-105.2nt.com/m/a/x/maximeroxs/google51904d4c43421b58.html google-site-verification=6CdMXoBGCmueE1N2rvJDtSvTJJozpasG5PKFy50opys
bing
D7F1F72C3D90579A39654DA999DE8718
お気に入り追加
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

知佳の美貌録(総合)



【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」

知佳厳選 小説系リンク・ランキング
QRコード
QR
ブロとも一覧【画像なし】
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
2018/03/06設置


現在の閲覧者数:
ランクレット
Google アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
ランキング一覧
クリックにご協力ください。
人気ブログランキング
おすすめ小説
18禁悦楽問題小説集
淫声 愛と官能の美学 女性のための官能小説~女性向け、恋愛官能小説~ 赤星直也が描く官能小説 未知の星
堀江貴文の
ブログでは言えない話
ジャンル:政治・経済
堀江貴文のブログでは言えない話