ひそかに心を寄せる茶店の女店主

雨宿りにかこつけて人妻に会いに茶店に駆け込む
和服姿の茶店の人妻店主突然の雷雨になった。
先ほどまで茶店がチラチラとみえる民家の軒先で小雨を避けて雨宿りしていたが、この雷雨で茶店にいた人たちは三々五々どこかに散って行った。
チャンスとばかり琢磨は店に向かって駆け出し、店に飛び込んだ。
彼のびしょ濡れの姿を見かねた女店主は奥の部屋でしばし雨宿りをするようにと勧めてくれた。
この半年間、琢磨はあしげく茶店に出入りし、時間があれば茶店が見える先ほどまで雨宿りをしていた民家の軒先から茶店の様子をうかがっていた。
通されたのは店と襖一枚隔てた隣の和室だった。小さな床の間があり、きれいな花が活けてあってかすかに香が漂っていた。
間もなくして奥の障子があき、店主が2枚のタオルとお茶を運んできてくれた。
「お茶どうぞ」店主は琢磨にお茶を進め持ってきた一方のタオルを手渡してくれ、他のタオルで背中や肩の雨滴を丁寧にふき取ってくれていた。
部屋に入ったときに感じた香りの源が店主から立ち上っていたものだと、このときになってわかった。
琢磨は荒々しく手渡されたタオルで髪と顔についた雨滴を拭い取ったが、この段になっても店主の顔をまともに見ることができないでいた。
憂いを秘めた目鼻立ちは男心を否応なしにくすぐる。妖艶な女だ、おそらく年かさは琢磨と一回り近く違う35歳前後であろうか。
店が店だけにいつも和服姿で店先に立つ、35歳前後と感じたのは襟抜きからスラリとのびるくびすじに掛かる後れ毛、盆の窪が妖艶に見えたからで、成人式などで女の子が和服を身に着ける時の襟抜きとは大胆さが違って見え、それが大人の着付けだといつか誰かに教わっていたからだった。 続く




ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

続きを読む

テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

琢磨のために雷雨とはいえ昼日中 暖簾を下ろし店じまいする女店主

奥座敷に通された琢磨に女店主はお茶を煎れながら
女店主が煎れてくれたお茶「こんなことぐらいで遠慮なさらないで、お客様なら当然のことだから」
目を潤ませ妖艶な表情を見せた。
琢磨は戸惑った。客とはいっても毎日店主を拝みに来ているだけで、並べてある品物に全く関心がないどころか手に取ったこともない。
「気になさらなくていいんですよ」
店主はうつむき加減にクスリと笑った。琢磨は思い余って白状した。
「こんな客は迷惑なんじゃ・・・今日だって向かいの物陰からあなたを覗き見してて・・・」
「えっ そうだったの? あらどうしましょう・・・ ちょっと待ってね。こんな天気だから暖簾下ろして店じまいしてきますから」
言葉とは裏腹に店主はちっとも驚いた風はなかった。
すっと立ち上がるといそいそと店じまいに掛かってくれ、店の明かりも消してくれた。
そうしておいて琢磨を通した部屋に戻ると更にお茶を継ぎ足し、琢磨の前に置こうとした。
琢磨はそれを受け取るつもりが緊張のあまり店主の手に直に触れてしまってお茶が畳にこぼれた。
「すみません」
琢磨はあわてて着ていた服の袖で拭い取ろうとしたが、これがきっかけでお互いの距離が一気に縮まってしまっていた。
店主はあわてる様子も見せず袂にあったハンカチで琢磨の袖の濡れたところを抑えるように拭いてくれていた。
琢磨は思い切って店主の手首をつかみ僅か引き寄せてみた。自然な風に装ったつもりだった。
「待って」
店主が甘えた声で制してきた。どうみても琢磨の意図は十分理解している風だった。
「待てない!」
店主は琢磨をあやすように首を横に振って制し「私のこと、まだ何も知らないうちにこんなことしたらダメでしょう?」
店主の中にかすかな怯えともとれる表情が一瞬よぎった。それでも琢磨は店主の手を強く握ったまま離さなかった。
口では拒絶しても店主は琢磨に対し贖う態度を示さなかった。
その証拠に握っていた腕から力が抜け、いつのまにか琢磨の懐に抱かれている。
琢磨は思い切って店主を引き寄せると何の抵抗もなく店主は琢磨の膝の上に崩れ落ちた。 続く





ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

続きを読む

テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

tag : 店じまい

若い琢磨の強引と思える愛情表現に次第に女店主は

強引な琢磨に抗いながらも女店主は
琢磨に着物を脱がされる女店主女店主が腕の中にすっぽりと収まってくれたことで琢磨は勢いづいた。琢磨に引き倒され、腕の中に一旦収まりながらも女店主は建て前としてなおも逃れる風にもがく、琢磨は彼女のお太鼓をつかんで引き戻した。これまで一度も着物など脱がしたことはない。けれどもすでに彼女の裾は割れ、透き通るような足が膝のあたりまで露わになっている。夢中で帯留めあたりをまさぐっている間に結び目の緩い帯はほどけてきた。「あぁ~ん 待ってちょうだい お願い」覚悟は決めている。それでも容易に琢磨に身体を開くわけにはいかない。彼女はそれなりに抗ったが、帯がほどけ始めると重ねた襟元がぐずぐずと崩れ開き始めた。もみ合ううちに脇に置いてあった茶器が音を立てて倒れたが二人とも夢中で動きを止めなかった。この機会を逃すまいとする一方で不義に抗う気持ちがいまだ働いていた。「待って お願い こんなのはいや」「こうなりたくて毎日通うつめたんだ」琢磨はうなりながら彼女の襟もとに手を差し込み思いっきり開いた。綺麗な二つの丘が琢磨の目の前に現れた。琢磨の唇がそれをわずかにとらえたとき「イヤッ」着物の前をはだけられたことで彼女は身をひるがえして畳にうつむくようにし身を丸めた。その瞬間、真っ白な乳房の脇から黒いものがチラッと覗いた。 続く


ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

続きを読む

テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

tag : 裾,襟元,不義,抗う

覗いたレンズの先に「寝取る」農夫と女が激しく絡み合い...

あれは大学院で夏休みを利用して北陸の低山に登ったときのこと
農夫が猛然と人妻に襲いかかるバードウォッチングを兼ね登山道から脇道にそれ、木立を抜けて小高い丘の頂上近くまで登ってきたとき、どこからかかすかに女性の悲鳴のような声がしたように思えた。目の前の丘にはそれらしい人影は見えない。琢磨は手に持った双眼鏡で周囲を見まわした。その時、覗いたレンズの先に尾根を一つ隔てた向こう側の山の中腹で農夫のような男が若い女性を押さえ込む姿をとらえた。激しく抵抗し逃げ惑う女性を襲った男が女性に追いつき、羽交い絞めにしながらもつれ込むように地面に倒れこんだ瞬間で、これだけでも男の欲情の深さが見て取れた。



農夫に襲われる女店主20代と見える女性は抵抗もむなしく男に組み敷かれ衣服を順々に剥ぎ取れていった。着ていた服の前ボタンが引きちぎられ、はだけられると豊かな乳房が露わになったそのとき、その豊かな丘と腕の谷間から黒い茂みが見え隠れして琢磨はハッとなった。この情景を見る限りでは本来は助けに入らなければならない身であるにもかかわらず、琢磨の下半身は違う方向に反応を示していた。それほどに自然のままに生い茂ったその黒い茂みは刺激的だった。農夫は犯すことに夢中になるあまり最初は双方の乳房と乳首に執着していたが、腋の茂みを見つけると夢中になって顔を突っ込み臭いを嗅ぎ始めた。その間も農夫のがっちりした下半身は彼女の両足の間に割り込み、身動き取れないように押さえ込んでいたが、農夫が腋を嗅ぎ始めて間もなく、女性の反応が微妙に変わってきた。おそらく押さえ込む農夫の下半身も、今の琢磨と同じ状態になり、その突起がこの女性の服の上からでも感じられ始めたからに違いないと琢磨は思った。木立の淡い光が野獣に組み敷かれ透けるような肌の女性の苦悶に歪む顔を映しだし、彼女の持つ妖艶さを一層際立たせていた。琢磨は事が事だけに本来なら助けに走るべきところを、あまりの衝撃に身動きできないでいた。組み伏せられながらも抗う女に向かって男は欲望という名の凶器をふるった。嬲るように腰から足に掛かっていた衣服をすべて剥ぎ取ると、女を地面に九の字に組み伏せ、これ見よがしに露わになった女の秘部に己のそそり立つものを突き挿しては引き抜く行為、いわゆるマングリ返しだが、大げさと思えるほどに入口付近まで一旦抜いては根本まで挿し込む行為をひねりを加えては繰り返す。そうこうするうちに男のそそり立つものにやがて女の愛液がまとわりつき音を立て臭いたち、異様な光景があたりを支配するのが見て取れた。レンズの中に映し出される光景の、女の部分だけに気持ちが集中していた琢磨は、絡み合う男女の脇で熱心に結合部や女の表情を凝視する男がピッタリと脇に張り付いているのに気が付いた。女の中に挿し抜きされる様を琢磨同様食い入るように見つめる、その男の脇に農夫の嫁らしき影が映った。それというのも、男女の交合が一段と激しさを増し始めると、凝視していた男の股間に手を伸ばし、中のモノをやさしく手の中で擦り始めたからである。農夫の妻と思える女は懸命に凝視する男のモノを奮い立たせ、獣のように交合する二人の脇で自ら四つん這いになり今擦ってったり咥えたりして雄々しくなったものを秘部に迎え入れ腰を振り始めた。時間がたつにつれ、女は地面をかきむしっていた手を次第に男の腕に絡ませ引き寄せるような仕草を見せ始めた、このごろになると女の肌は透き通るような色からピンクに変わっていき、足先を農夫の尻に回し自身の秘部に深く迎え入れようとしている。そうこうしているうちに農夫に限界が訪れ、腰を強く女に押し付けると一瞬動きが止まり、しばらくして女を離し身支度を整え、それまで業界の男と交わっていた妻をいたわるようにしてその場を立ち去った。琢磨はこの段になってやっと4人それぞれの関係とその行為の意味が分かった。襲われている女と襲っている農夫とのアンバランスさに比べ、凝視する、一見して業界関係者と思える男と、組み伏せられている妖艶な女が本来のカップルであれば、これは地元の農夫を抱き込んで「寝取り」をすることで業界の男の復活を促していたのだと。案の定、交接が終わった女を見る業界の男の目は冷ややかだった。それ以前に、女の秘部から滴る液体を見る目は怒りに震え、軽蔑しているようにも見えた。女はそれに気づくと急いで身支度を整えたが、業界の男は女を待つでもなく、自分勝手にさっさとその場を去っていく。あわててそれを追うようにして女は去った。琢磨は我に返ってしまったと思った。衣服をつけたまま中に暴発させてしまっていた。去って行ったとはいえ、この日以来琢磨の脳裏にはあの腋に茂みのある女の姿が焼き付いて離れなくなっていった。 続く


ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング




続きを読む

テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

tag : 結合部,凝視,マングリ

あの腋に茂みのある女が目の前に

琢磨の脳裏に焼きついたあの腋に茂みのある女が目の前にいる
和服の女店主「こんなことをするなんて」女店主は憤った。琢磨は女店主を最初に目にした丘の向こうの出来事を白状した。「あなた、私たちが丘の中腹でしてたこと見てたのね」「はい、悪いとは思ってたんですが・・・」貴女のことが忘れられなくてと告げた。ご主人にも悪いことをしているんだと。「あの人、死んだわ」 それは知らなかった。山を下りてから今日まで、夢中で探し回りやっと彼女を見つけ店を見張り続け、ご主人が出入りしない時をねらって忍び込んだと告げた。遠方から双眼鏡越しに見ていただけだが、実際、目の前の生身の彼女には腋の茂み以外にも濡れた瞳や厚みのある唇など生きている人間の美しさがある。その女が手首を引いただけで懐に倒れ込んでくれ、臭いも嗅がせてくれたことで執着心は否応もなく高まった。この女を味わえるならと、商品も買わず毎日通うなど何事でもなかった。「残念だったわね、今度は農夫の代わりにあなたが寝取るつもりだったの?」女店主の声にはわずかな自嘲があった。「どうしてあんな真似を?」「もうやめて!昔のことなんか」琢磨の質問を女店主は激しく遮った。何か仔細があるらしいが女店主の背中からこれ以上は聞けない空気が漂った。彼女は冷めた様子で横座りし、お茶でぬれた足袋のコハゼを外しながら淋しげに笑ってこう応えた。「残念だったわね。そんなことなら間に合ってます。気が済んだらお帰りなさい」そういわれても琢磨の胸中はいまだ冷めやらない。それどころか同じ狭い空間で心が瞬時とはいえ通じた興奮が種火のように燻ぶり続けている。いかに年上とはいえ、女に言われたぐらいで素直に帰る気にはなれなく、唇をかんでうつむいた。すると、目と鼻の先に足袋を脱いだ女のなまめかしい素足があることに気が付いた。肌が透けて血管の一本一本が浮き出て見えるような、それでいて指が長く、窮屈な靴など滅多に履かないのか形もいい。爪の根元はピンク色に色づいてとても健康的だった。雨に濡れた琢磨の足も同じように濡れている。 つい、片足を伸ばして伸ばした親指と人差し指の間で彼女のつま先を掴んでみた。ねっとりと湿って冷たい感触がした。「・・・アッ」女店主は咄嗟に足を引っ込めようとして体制を崩した。片手を畳についた拍子に掻き合わせただけの着物が肩からずり落ちた。慌てて胸元を押さえ切れ長な目を細め琢磨を睨んだ。不埒な行動を叱責されると思ったが-- 「そんなっ・・・ ダメ ねぇ・・・」隙のある甘えた態度で「ねぇ、もう、お帰りなさい。お願い。」言葉とは裏腹に彼女は舐られた足の指を逆に琢磨の足の裏に擦り付けながら意思を伝えてくる。誘われている。年上の女の手練手管に琢磨は猛然と欲望がこみ上げてきた。相手の一次の戯言に男子の本懐を中途で投げ出すべきではないとやっと悟った。咄嗟に彼女を抱き寄せた。「拒まれたって帰るもんか」琢磨は狂おしげに口走った。彼女の着物の襟もとを開くと首筋や肩に唇を這わせてゆく。その汗ばんだ肌の甘い香りに思わずむせてしまいそうだった。「アアアッ、ごめんなさい、本当はこうなりたくて・・・」彼女も身を震わせながら琢磨にしがみついてきた。 続く

テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

プロフィール

maximeroxs

Author:maximeroxs
管理者の知佳です。
元ヤンですが介護士をしながら実話「高原ホテル」をメインにした短編小説を書いています。応援はブログ「知佳」で承っています(笑)

カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
Google+1
https://blog-imgs-105.2nt.com/m/a/x/maximeroxs/google51904d4c43421b58.html google-site-verification=6CdMXoBGCmueE1N2rvJDtSvTJJozpasG5PKFy50opys
bing
D7F1F72C3D90579A39654DA999DE8718
お気に入り追加
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

知佳の美貌録(総合)



【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」

知佳厳選 小説系リンク・ランキング
QRコード
QR
ブロとも一覧【画像なし】
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
2018/03/06設置


現在の閲覧者数:
ランクレット
Google アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
ランキング一覧
クリックにご協力ください。
人気ブログランキング
おすすめ小説
18禁悦楽問題小説集
淫声 愛と官能の美学 女性のための官能小説~女性向け、恋愛官能小説~ 赤星直也が描く官能小説 未知の星
堀江貴文の
ブログでは言えない話
ジャンル:政治・経済
堀江貴文のブログでは言えない話