女性に、あらぬ期待を寄せる気の毒な男性へ

どこかの、ある番組で女性の性について語っていました。

生理が近づいてくると女性の性欲は急上昇。

この傾向は懐妊でも起こり、臨月まで続くき、その間 結構な割合で不倫をしているそうな。

まことに都合の良い話と思ってしまった諸兄、今回のテーマは 実はここから始まりなんです。


生理や懐妊・出産、

その双方が終わると急激に性欲は萎え・冷え込み、女らしさが消え、ヒステリーがこれに変わって湧き起るというもの。

貪欲だが忍耐には意外と弱い女性。

その昔、自立する手段を持たなかった女性は、ひたすら男性の庇護に その将来を託した。

忍耐強かったのではなく、どんな命令にも耐えるしかなかった。

性欲が沸き起こったように見せかけ誘惑し、閨には常の事。

他の女に寝取られないよう命令に先んじて、事細かに亭主・オトコの面倒を見た。

無理難題に、敢えて金のために耐えた。

それがため、女性は集団を形成し、衣食や子育てなどの助け合いをしてきた。

生活の疲れからヒステリーが起こったとしても、集団の中の誰かがこれをカバーし、事なきを得ていたようだ。

ところが近頃、男女同権が叫ばれ出してから、殊に法の下 女性は庇護され始め、集団を形成する必要が亡くなったことから孤立し始めた。

苦しかったあの時代の孤立とは違う。 この孤立 = ワガママ

集団でいたころは家事育児は先輩から教えてもらって仕方なくやっていたが、孤立するとこのようなことはする必要すらなくなり、当然家事や育児が不得手になり始めた。

覚えたのは厚化粧とブランド志向、男漁りだけ。

こうしてヒステリーだけが残り、手厚い保護を良いことに都合の良い相手とだけ性の処理をするようになった。

既婚者(金持ち)との、その場限りの出会いなどは女性特有の金目当ての良い例。

本来ならば、労働に従事する男性がいなければ衣食住は成り立たないはずだが、法律がその枠を撤廃してしまった。

これからの女性は「金にならない」「将来性がない」男性に身をゆだねることは、ほぼ有り得ない。

逆に、その双方を有していれば倫理に反しようと平気で身をゆだねる。

競合他社がいれば、一層萌えたりもする。

モテない諸兄は当然の如く叱咤罵倒の対象になるだけ。

そう感じてしまった諸兄のうちの誰かが「おさわり」「青田刈り」などの事件を引き起こす。

実に哀れで益々復権から遠ざかるでしょう。

このようになってまで少子高齢化社会への投資、これはもう必要ないと思います。

男性が女性に対し、肉体を通して愛を注ぎ込む、その権利の資金さえ得られない社会で、件の女性に向けて庇護費用を捻出しなければならない道理など、あるはずもないからです。

狡猾な女性に尻の毛まで毟られ、丸裸にされ、放り出される前に、そのような女性とは縁を切るべきだと思います。

※ イケイケ黒ギャルとは縁もゆかりもない話ですので、悪しからず(笑)
   知佳

淫靡な疼き

20200110.jpg
久爾子の顔は瞬く間に汗ばんでいる。

「誰かが乗ってきたら・・・ 止めてあげて・・・」

加奈は息苦しかった。

「誰かが乗ってくる方が面白いんだ。 そうだろう? いつか加奈のアソコに入れて外を歩かせてみたい」

唇をゆるめた篠田に、加奈の動悸が激しくなった。

「朝から加奈とだけいいことをしたんじゃ、久爾子に悪いからな。 だから、加奈がいる間に逝かせてやろうと思ったんだ。 優しい男だろう?」

「んんっ! 強くしないで!」

「今日はしぶといな。 まだ逝かないのか」

「ああっ!」

硬直した久爾子が、その後、激しく打ち震えた。 

法悦を極めたのが分かった。

「よし、許してやるか。 ここで悲鳴を上げられたんじゃ、まずいからな。 このまま切らないで何度も逝かせてやると面白いんだが」

ぐったりとした久爾子は、汗まみれになっている。

1階のドアが開いた。

加奈は唖然としし、エレベーターから降りるのを忘れていた。

篠田に手首を掴まれ、外に出された。

「面白いことは山ほどある。 ひとつずつ教えてやろう」

篠田はぐったりしている久爾子をエレベーター脇のソファで待たせ、加奈をエントランスホールの外まで送った。

タクシーが待っていた。

篠田はこれから部屋に戻って久爾子を抱くに違いない。

そう思うと、嫉妬と羨望と疼きで加奈の躰は熱くなった。

「今夜でも明日でも、また来ていいんだぞ。 たとえ私がいなくても、久爾子が相手をしてくれる」

篠田が意味ありげに笑った。

話したいことは山ほどあった。

だが、多すぎてかえって言葉にならない。

加奈は、ただ篠田に軽く頭を下げてタクシーに乗り込んだ。

半日足らずの間に篠田の虜になってしまっていた。

これから訪れる淫靡な未来の時間を思い、加奈は切ないほど昂っていた。

続きを読む

淫靡な疼き アソコに押し込まれたローターに苦悶する久爾子を見た加奈は

「加奈には教えたいことが山ほどある。 バイブも使ったことがなかったとは、楽しみがいっぱいでいい。 大人の玩具というか、プレイに使うときの道具はいくらでもあるぞ。 こんな話をすると、またムズムズしてくるんだろう?」

頬を緩めた篠田に見つめられ、加奈は目を伏せた。

「加奈を見ていると私も興奮してくる。 恥じらいの顔にそそられる。 もしかして、加奈に誘惑されているかもしれないな」

「お食事の後はゆっくりしてくださらないと、いくら何でも躰に良くないわ」

久爾子が呆れた顔をした。

「ムスコを使わなければいいんだ。 あの手この手で可愛がっているときの方が楽しいからな。 この歳じゃ、さすがに1日何度もというわけにはいかない」

篠田と久爾子のやり取りを聞いているだけで恥ずかしく、加奈はふたりの会話に入る事さえできなかった。


「ゆっくりしていけ」

「いつまでいてもいいのよ」

デザートのフルーツも食べ終わった頃、篠田と久爾子が言った。

「急に留守にしたので、やっぱり気になりますから・・・」

留守宅が気になるのは当然だが、長居するだけ恐ろしいことになるような気がした。

「残念だな。 あまり引き留めて嫌われるのも困るしな。 用意が出来たらタクシーを呼ぼう」

「最寄りの液を教えていただければ、電車で帰りますから」

「朝から風呂に入り湯疲れしてるから、乗り過ごすかもしれないぞ。 タクシーがいい」

加奈はまた汗ばんだ。

帰れると思うとホッとする。

けれど、後ろ髪を引かれる思いもある。

ここに来てからの不思議な時間を思うと、一歩外に出た瞬間、何もかもが消えてしまうのではないか、二度と甘美な時間を取り戻せなくなるのではないかと不安になる。

夫婦生活に荒波が立たないことを望んでいながら、もうひとつの強烈な時間も欲しい。

身勝手と思いながらも、加奈はふたつとも手放したくなかった。

「またきっと来てね。 その前に、ご主人にご挨拶に行くわ。 だから、不自然に思われないように、私と知り合ったことや泊まったことを話しておいて」

久爾子は本当にやってくるつもりなのだろうか。

その後、どうなっていくのだろう。

今は考えてもわかるはずもないとこが脳裏を過ぎった。

タクシーが着くころ、玄関で別れるつもりが、篠田と久爾子に下まで送ると言われ、一緒に出た。

タワービルの最上階だけに、エレベーターがいくつもあるのに、すぐにはやってこない。

「あう!」

不意に久爾子が声を上げ、壁に手を突いた。

「ああ・・・」

久爾子は眉間に皺をよせ、口を開けて荒い息を吐いた。

「大丈夫ですか・・・」

加奈は動揺した。

久爾子の様子がおかしいというのに、篠田は唇をゆるめている。

「やめて・・・」

久爾子は息苦しそうだ。

「1階に着くまでにいってみせるといい」

「あう・・・お願い・・・弱くして」

ふたりは加奈に理解できないことを言っている。

上がってきたエレベーターのドアが開いた。

「わたし、ひとりで大丈夫ですから・・・」

具合の悪い久爾子に下まで来てもらうわけにはいかない。

「心配しなくていい。 3人で乗るんだ」

篠田は久爾子を強引にエレベーターに押し込み、30階と20階、10階、1階を押した。

「1階まで一気に降りてもつまらないからな。 下に行くまで3回止まってドアが開く。 どうしてこんなことをするのか訊きたいんだろう? 久爾子は気をやりそうなだけだ。 部屋を出る前に、アソコにローターを仕込んだんんだ。 これがリモコンだ。 つまり、久爾子のアソコに入ってるローターが振動してるってわけだ」

篠田はポケットから掌に乗るぐらい小さなリモコンを出してみせた。

「こいつで強弱も操作できる。 こうするとっ 」

「い、いやっ! やめてっ! んんっ!」

大きく口を開いた久爾子は荒々しい息を吐きながら、大きく胸を喘がせた。

快感というより苦痛に満ちた久爾子の顔は、ぞっとするほど艶やかだ。

「今のが最大の振動だ。 小さい振動で長時間遊ぶのも面白い。 こんな遊び、もちろんしたことはないだろう?」

30階で止まり、ドアが開いた。
プロフィール

maximeroxs

Author:maximeroxs
管理者の知佳です。
元ヤンですが介護士をしながら実話「高原ホテル」をメインにした短編小説を書いています。応援はブログ「知佳」で承っています(笑)

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
Google+1
https://blog-imgs-105.2nt.com/m/a/x/maximeroxs/google51904d4c43421b58.html google-site-verification=6CdMXoBGCmueE1N2rvJDtSvTJJozpasG5PKFy50opys
bing
D7F1F72C3D90579A39654DA999DE8718
お気に入り追加
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

知佳の美貌録(総合)



【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」

知佳厳選 小説系リンク・ランキング
QRコード
QR
ブロとも一覧【画像なし】
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
2018/03/06設置


現在の閲覧者数:
ランクレット
Google アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
ランキング一覧
クリックにご協力ください。
人気ブログランキング
おすすめ小説
18禁悦楽問題小説集
淫声 愛と官能の美学 女性のための官能小説~女性向け、恋愛官能小説~ 赤星直也が描く官能小説 未知の星
堀江貴文の
ブログでは言えない話
ジャンル:政治・経済
堀江貴文のブログでは言えない話