知佳の美貌禄「女衒の家に生まれ」

知佳の美貌禄「女衒の家に生まれ」

女衒の家時は明治。
父親の生家は記憶にある限りでは
女衒(一般的には貧農が娘を質草として女郎を商う置屋、又は揚屋”あげや”ともいう に売る。このこの仲立ちをする男衆のことを言う)を生業(なりわい)としていた。

男は岡場所のあるこの地で髪結いという表のもっともらしい看板を掲げてはいるが裏に回ればそもそも穢多(えた)だった。
人も避けて通る河原乞食が何故と思うかもしれないが、主人公久美の母が物心ついた時にはそうは思えなかったという。
地方で知らぬものとてない潤沢な資金に支えられ知名度も高かった。

穢多(えた)ともいうべき身分の者が資金を得、地方の有力者にのし上がった本当の理由、資金の出所は実は女衒だったのである。
この男に文を出すとき、なになに圀(○県○郡)と姓名を書けば届くほどに穢多(えた)であっても力を持っていた。
故に、この物語の主人公となる久美の祖母は、金の工面に来たさる地方(女衒の住む場所からすれば武士の住まいは中央だが)の有力武士の末裔を金にあかして娶り得たのである。

評判の妹を連れ兄が遠路はるばる借財の願いに来ていた。
女衒故、どこそこの何それという娘は美しいなどという情報はすぐに彼らに知れ渡る。
事前に手を打っておいたと思われるが・・・ ともかく遠路はるばる呼び寄せた。

その兄の留守の間に質草同然に手籠めにし女衒が奪い取ったもの、絵にかいたような寝盗りだが、連れてこなければならなかった兄の方でもうすうす妹を金に換えねば帰れなかった事情があったようで、結局女衒のもとに傷物にされた妹を残し帰ってしまっている。
ついでのことを書けば、この武家は女衒の融資がお家立て直しに叶う金額とはならず、ほどなく没している。
女は得たが、代償は払わなかった。

不幸なことに脊椎を損傷し不自由な体でさえなければ自身で帰れたものを、この女性は結局一度もこの後、郷里の地を踏むことなく女衒のもとでこの世を去っている。
久美が見ても引く手あまたの綺麗な女性(お姫様)だったという。

詳しく書けば、元有力武士の末裔が
お家取り壊しを避けるため女衒に融資を請うた。

その、頼みに来た兄に付き添って来たのが妹で、
貧困にあえぐ実家ではろくな食べ物もなく、
せめて静養がてら裕福な女衒の家にでもと兄自らいざなった。

その大事な妹を兄の留守中に強引にのしかかったのが女衒で、
気が付いた時には妹は傷物になっていて、
とても他家に嫁には出せそうにない。

帰ってきた兄は当然抗議した、が、
以降親戚付き合いになるのだからと言い含め
借金を棒引きにする代わりに黙って帰れと追い返したというわけである。

当然実家はなりゆかず間もなく没落・離散してしまう。
女衒の それを見越したうえでなせる業だった。

女衒などという生業をするだけに地方のスジの者たちも一目置く存在で、
それ故に粗暴だった。子育てなど、
ましてや男の子。その全てを賄い人に任せ自らはせっせと裏の商いに精を出した。

この物語に登場する女衒の孫娘久美はそのような境遇で育った息子の子孫である。

金儲けに懸命で子育てなど意に介さない父親に育てられた息子。

人を人とも思わない親に言われるまま妻を娶った、その妻が孕むと
待ってましたとばかりに息子は商売女に手をだし、
家に寄り付かなくなった。

娶った妻を我が息子より大事に扱った女衒のやり口(女好き)が、
なお息子には許せなかったのである。

自らも親に負けないほどに女道楽をしてやるつもりが水商売の女にいいようにしてやられた。

口惜しくてなお一層帰りにくくなった。そうこうするうちに妻は病魔に侵され、この世を去った。

女衒を教え込まれることになる少女(主人公 久美の母)はいまだ2歳の春のことだった。 続く



ポチッとお願い 知佳






tag : 生業(なりわい)

知佳の美貌録「今日は歴史のおさらいを 赤線の地位と女衒のやり口」

知佳の美貌録「歴史のおさらい」

赤線が廃止になる前までは ほんの一刻足を運べばそこには必ずと言っていいほど宿があり天城越え(娼婦と少年)にも出てくるように飯盛り女がいたし枕芸者もいた。いわゆる旅人相手の私娼である。この物語に登場する地区も多分に漏れずそのような赤線が近隣に点在した。江戸の吉原でもご存知のように、このような地区は一般的な街並みと相容れず、普通の婦女子は絶対に足を踏み入れない未開地とも思える荒れ地の果てにあった。しかも、そのような場所は忌み嫌われ赤線廃止と同時に地図にも書物にも載せられずひっそりとその姿を消していったのである。
後にその地区には列車が走ることになるが、それはこの女の子が成長してからの、ずっと後の時代になる。

親に逃げられ、祖父母に育てられた、この年端もいかぬ(学校に上がる前)女の子はそのような未開地の果てにある赤線に向かって、祖父から預かった文を携え、雨の日も雪の日も独りで歩いて使いをさせられていたのである。その理由というのが飽きれたものの言い方で、明日の食べるものにさえ窮する貧農から買い求めた娘を赤線に売ることになるが、当然娘は泣くばかりで手に負えなくなる。それをなだめすかす手段として自分の孫娘を格好の友達として置屋に送り込んだのである。ある意味、金のためには鬼畜生にもなりえた祖父、女衒であったと言えよう。 続く






ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

続きを読む

テーマ : 女衒の家に生まれ・・・ 高原ホテル
ジャンル : アダルト

知佳の美貌録「生い立ちの悲哀」

知佳の美貌録「生い立ちの悲哀」

大正から昭和初期の少女たち大正から昭和初期にかけての子供たちは 
おおよそ左の写真のような暮らし、
出で立ちをしていたことをご理解いただき以下をお読みください。

女衒の孫娘こと この少女
母がこの少女を身籠って間もなく外に女をこしらえて家を出た父は、
産後の肥立ちが悪く帰らぬ人となった妻の葬儀にも、
命日にも生家に顔を出すことは無かった。

そのような身勝手な男であっても金の無心だけは父の女道楽を心底知っており、
その弱みに付け込んで一緒に暮らす飲み屋の女に始終頼むものだから、
その女が以上高に催促に来た日には家じゅう諍いが絶えなかった。

そのろくでなしの子供を物のない時代に祖父母という、
ただそれだけの理由で衣食住与えている理不尽さ。

それだけに女の子にとって身の置き所が無く学校に行きたくても、
友達と遊びたくても自由というものが一切許されないと頑なに心に決め、
まるで使用人の如く日々を送ったし買い付けた女を囲う置屋と

旦那になりたい男衆との間を取り持つ文を否応なしに託す
祖父・女衒の仕置きからも下女の如く送らされたといっていいかもしれない。

年端もいかない少女。
ただ、母のいない悲しみは、
この幼さではどうしようもなく、

こっそり家を抜け出しては
母の眠る墓地で母の面影(物心ついたころにはもう亡くなっているが)に抱かれて過ごしたといいます。

墓が一番居心地が良い場所だったと。

学校も出ていない童がどうして女衒の文の使い、
置屋に囲われた少女と旦那の仲を取り持つかと不審に思われる向きもありましょうが、
この子は母の、
そして周囲の墓石に書かれている文字を一心に読もうとすることで自然と学問を学んでいたし、
女衒の立ち振る舞いを生きるために必死に体で覚えようと努力していたのです。

補足:貧農の娘を買い受け、置屋が床作法を教え込むと旦那を探し
「初物を割る」と、双方の了解のもと床入りをした。(遊郭のしきたり)
その使い番「双方の了解を得る」に少女が使われたことになる。   続く



ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

続きを読む

テーマ : エッチな告白体験談
ジャンル : アダルト

知佳の美貌録「髪結い組の食事風景」

知佳の美貌録「髪結い組の食事風景」

食卓に着く髪結いというのは多くが
師匠と弟子の関係で成り立つような仕組みを作っていた。

粗野な言い方でいうとスジでいうところの親分子分で、
それが縄張りとなって他を寄せ付けない
ショバを作っているからこそ稼ぎも安泰であった。

そのため、なにをするにつけ一家総出で事に当たる。

毎日の食事もそうで、
頭首を中心の車座になって頭の合図で食べ始めるのが習わしとなっていた。

だが、その座に少女の姿はなかった。

少女は下働きの端女と一緒に台所の片隅で残りものでこしらえた
ありあわせの食事をとるのが常、
髪結いとしての働きもしない少女を頭は一家の組員と認めなかったのである。

更にもう一方の祖母は躰が悪いという表だった理由で
自室に善を用意させ、独りで食べるのが習慣となっていたが、
実のところでいえば育ちが育ちだけに下々のものと食事を摂る、

そのこと自体が受け入れられないと突っぱね、
女衒は渋々それを許していた。

何事につけ、女衒はお姫様出の女房にだけは頭が上がらなかったのである。  続く
 

ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

続きを読む

テーマ : 女衒の家に生まれ・・・ 高原ホテル
ジャンル : アダルト

知佳の美貌録「食事はいつも髪結家そろって主を中心に膳を囲む」

知佳の美貌録「食事はいつも髪結家そろって主を中心に膳を囲む」

食卓に着く貧相な生活とはいっても 
そこは女衒、
朝から一汁三菜(飯と汁 香の物)とはいかず、

五菜(魚に副菜)は最低あり
昼などは主は酒膳(肴 刺身 酒)となるのが普通であったから、
台所方の余りもの食いとはいえ 

そこは一般家庭とは程遠い食事情で味付けなども本格的だった。

それを食して育ったものだから
女衒の孫も自然と風雅な味、
食膳を覚えることになるのである。

このことが後々生活していくうえで大変重要な意味を成すことになる。

というのも、食いっぱぐれたり誰か人を探すときに
必ず飲食業に顔を出す。

店も彼女が来てくれると味付けが断然玄人風になり、
しかも手早くこなしてくれるから重宝した。

そのため、
どこにいっても飲み食いはただでさせてくれた。

唯一欠点があるとすれば、
女衒と同じ場所で膳を囲まなたった分、
礼儀作法に疎かった。

このことがまた、
付き合う人がおのずと限られてくることになる。

そう、
彼女は終生女衒の孫は所詮女衒で終わることになるのである。  続く



ポチッとお願い 知佳





恋愛・結婚ランキング

続きを読む

テーマ : 女衒の家に生まれ・・・ 高原ホテル
ジャンル : アダルト

tag : 危険水域,濁流状態,ヌルヌル,イヤラシイ臭い

プロフィール

maximeroxs

Author:maximeroxs
管理者の知佳です。
元ヤンですが介護士をしながら実話「高原ホテル」をメインにした短編小説を書いています。応援はブログ「知佳」で承っています(笑)

カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
Google+1
https://blog-imgs-105.2nt.com/m/a/x/maximeroxs/google51904d4c43421b58.html google-site-verification=6CdMXoBGCmueE1N2rvJDtSvTJJozpasG5PKFy50opys
bing
D7F1F72C3D90579A39654DA999DE8718
お気に入り追加
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

知佳の美貌録(総合)



【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」

知佳厳選 小説系リンク・ランキング
QRコード
QR
ブロとも一覧【画像なし】
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
2018/03/06設置


現在の閲覧者数:
ランクレット
Google アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
ランキング一覧
クリックにご協力ください。
人気ブログランキング
おすすめ小説
18禁悦楽問題小説集
淫声 愛と官能の美学 女性のための官能小説~女性向け、恋愛官能小説~ 赤星直也が描く官能小説 未知の星
堀江貴文の
ブログでは言えない話
ジャンル:政治・経済
堀江貴文のブログでは言えない話