コロナは地球の生命体そのものを滅亡へと向かわせています

誇大解釈と思うなかれ。
今、こうしている間にも日本各地の植物は次々とその一生を終え滅んでいます。残念ですがどうしようもない事実です。
それが今般農業を諦めの方向に向かわせている原因不明と言われる飢饉級の不作です。

かつては根腐れから始まったこの現象が今般は先端と言わず根と言わず、とにかく病原体にとりつかれ弱り傷ついた部分から腐敗しているんです。(毎日植物を見て、治療を続けて分かったこと)

人はこれを地球温暖化のせいにしています。
温暖化ごときで以下のことが起こりうるでしょうか?

例えば、

ここ数年、農業技術は進歩し、家庭菜園をお持ちの方など肥料はHB101の希釈液をただ散布するだけで植物は活性し手間いらずで野菜や花などは育ちました。コラポンを使ってこれに生ごみを混ぜ有機肥料を作って土に混ぜた人は多いはず。
ところが今年はHB101はおろか、木酢液も竹酢液ももはや植物活性・有機肥料作りの役目を果たせません。ただ腐ります。
酸素を奪われた病人の如く、どんなに手を尽くしても力を失った部分から植物は乾燥し枯れるのではなく、腐って揚げ豆腐のようにフニャフニャになりその一生を終えてしまうんです。

植物活性の元であったにもかかわらず、力を失った土は多少の尽力では到底復活しそうもありません。
その時期というのがピタリとコロナ騒ぎと合致するんです。急激劣化にです。
つまりコロナ製造の真の目的は 「地球生命体を滅亡へと向かわせしめること」 とみて間違いないようなんです。

植物が枯れ始めることへの恐ろしさ、

彼らに依存し生命を繋ぎ続けてきた動物たちも、やがて同じ運命を辿らねばならないことは火を見るより明らかです。
コロナとは責任感の所在を、なんと合理的にうやむやにできる素晴らしい武器なんでしょう!!
ですが、生命体を腐敗に向かわせる微生物が存在するなら、活性化へ向かわせる微生物も必ず存在するはずです。

騒いでばかりおらず、引きこもりの時間を利用して有意義なアイデアを出し合いませんか?無害化できる物質の存在についてです。
今やらなければいづれ近い将来、生き抜くため必要な食品の奪い合いになり、それが戦争へと繋がります。
貧困層はもう既にひっ迫しています。

人類、主に白系とそれに近い種だけがコロナで滅ぶ生命体ではないはず。周囲の動植物たちもいつかは必ず同じ運命を辿ります。
愚者の集まり、政府のように妙な忖度でCO2や温暖化ばかりに気を向けないこと。裏社会で起きている様々な弊害に厳然と立ち向かわなければ地球そのものが滅んでしまうことを肝に銘じてこれからを生きていきましょう。

知佳の美貌禄「男の弱みに付け込む」平然とウソを並べ立て信用させていた瑠美

ライブ配信中にうっかり濃いめのを中に注いだとはいえ、孕んだ子の認知を本気で強要してくるとは思わなかった男はこれしきのトラブルで美人を手放す気になれず渋々付き合いを始めたクリスマスに産科で正式認知すべく瑠美の両親に会う約束をした。コロナで大騒ぎになっているさなかだけに、さすがに列車やバスの利用は避け、車で向うと久美に知らせてきたように約束した日の午後、高級車で乗り付けてきた。挨拶がひと通り終わり家屋敷の案内が始まると、付き合い始めた頃瑠美が口にしてくれなかった事実が次々に口止めされていない久美の口をついて飛び出すこと飛び出すこと・・・アバズレが浮き彫りになった。「綺麗な子でファンクラブも・・・」までは良かったが我が子の自慢話のつもりが「ラブレターも頻繁にもらい」「いろんな男と付き合いし・・・でも3ヶ月と持たなかった」と次々に母の久美が娘の男遊びを披露。「それが貴方だけはもう2年も」と言いおいて「過去に付き合った男の元へなどは通い妻お泊りし続け、フッたように言ってきたが飽きられたような気もして・・・」との話しが包み隠さず出ようとした瞬間 瑠美がその先を遮った。確かに今は男たちによってライブ配信の中心人物に仕立て上げられている。が、それもこれも初心だったから騙されそうなったわけで本心からじゃなく・・・とデートの間中きれいごとを並べ立てて男の気を惹いてきたが、実家に飾られている写真類からすればそれがほぼ事実だったこと。モデル張りの彼女が家事をも完ぺきにこなし、内助の功などは誰にも引けを取らないはず・・・の彼女が実はJCの頃から男の影が絶えなかった痴女だということをベラベラと母に語られてしまうことを恐れたからだった。だが、そこまで話されると前後のつじつまが以前に彼女から聞き及んだことと折り合わず、つまるところ義母となるべき人の話しから男は瑠美の恥ずべき過去を窺い知ることになる。思い起こせば付き合いが始まってすぐ彼女に誘われるように初めてベッドを共にした翌朝から瑠美は彼に夢中になってくれていた。それが散々男を渡り歩き仕込まれた性にあったからだと仲間たちから言い含まれたこと、あしざまにメンヘラと貶したそれを改めて気付かされた。瑠美は当然あらぬ方向に話しを振ることに躍起になった。こんな美人を妻に迎える幸運んな男、その部分に力を込め同意しつつ。何故だか男もその気になっていた。ここまであからさまに過去歴を暴露されながら男は瑠美を手放す気に、どうしてもなれなかった。某ガールズコレクションに出ても恐らく周囲に引けを取らないほどの美人を毎夜意のままに抱ける。しかも彼女は今のところ夜の性活に夢中になってくれている。よくよく考えてみれば美人などというものが処女のまま歳を重ねるなど有り得はしない。周囲からやんやの誘いを受ければ当然発情期ともなれば躰を重ねたがる。欲情やまない娘の性欲を抑えこむための男として一家に迎える。双方誤魔化し続きの両親へ婚姻の挨拶は終わった。今宵、かつて相談に乗っていた例の不倫願望と離婚問題の話しのその後を同窓とすべく会食を兼ね出会うという。美人を得たいなら後にも先にも多少の男遊びは大目に見るべきと、弱い立場にある男の心得たるものを義母となるべき久美に言われたような気がした。

テーマ : ナンパ 連れ込み 隠し撮り
ジャンル : アダルト

tag : 生ハメ・生姦中出し寝取られライブ配信痴女

孕ませられた瑠美

いつぞやのハメ撮り動画の記事に失敗し「孕ませた」とあり、当の心当たりのある男から彼女がもし産むようなら認知しますとありましたが、宣伝文句じゃなくてどうやら事実だったようで、この度瑠美から母の久美に挨拶かたがた男共々帰省すると連絡が入ったようです。同棲を口にしたころから久美ですら察しが付くほど男に夢中になっていたから孕ませられるのは時間の問題と感じていましたが、時期的に完全にマッチ。ネトラレでも良いから挿し込んでと撮影中にもかかわらず狂おし気に求めるアソコに、まさか単独の顧客にNTRならじと深く割り入ってしまい腰を振られ、急かされて途中で止まらなかったみたい。危険日を承知で生中やらかしたわけですから月のモノが来ないと知らされネット告白したようでした。 ただでさえコロナ過で会社は左前、妾が育休など有り得ないからお腹が目立ち始めたら当然解雇か辞職するしかなく、そこらが鬩ぎ合いになりますから夜のアレも減るでしょう。産後落ち着いて体型が元に戻ったら元々オトコ好きですから生活費を稼ぐためにも本格的に風俗に入るでしょう。そしたら当然ウリしなきゃいけなくなるし、素人じゃなくなるわけで厭きたら捨てられるでしょうからバツがついたら流れから言って当然本編「女衒」に該当します。性活を久美に告ってくれ始めたら彼女のファンだった方々も知りたがるでしょうから「高原ホテル」にて報告・連載します。

テーマ : 元ヤン知佳のイケイケ介護日記
ジャンル : アダルト

tag : 痴女3P乱交まんきつ生ハメ・生姦中出しハメ撮り

プロフィール

maximeroxs

Author:maximeroxs
管理者の知佳です。
元ヤンですが介護士をしながら実話「高原ホテル」をメインにした短編小説を書いています。応援はブログ「知佳」で承っています(笑)

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
Google+1
https://blog-imgs-105.2nt.com/m/a/x/maximeroxs/google51904d4c43421b58.html google-site-verification=6CdMXoBGCmueE1N2rvJDtSvTJJozpasG5PKFy50opys
bing
D7F1F72C3D90579A39654DA999DE8718
お気に入り追加
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

知佳の美貌録(総合)



【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」

知佳厳選 小説系リンク・ランキング
QRコード
QR
ブロとも一覧【画像なし】
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
2018/03/06設置


現在の閲覧者数:
ランクレット
Google アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
ランキング一覧
クリックにご協力ください。
人気ブログランキング
おすすめ小説
18禁悦楽問題小説集
淫声 愛と官能の美学 女性のための官能小説~女性向け、恋愛官能小説~ 赤星直也が描く官能小説 未知の星
堀江貴文の
ブログでは言えない話
ジャンル:政治・経済
堀江貴文のブログでは言えない話